>  > 時間が決まっているのは助かる

時間が決まっているのは助かる

精神的に落ち込んでいる時にはなぜかというか必然的というか、キャバクラに行くことが多い。キャバとはほんとに、気分を変えるにはもってこいの空間だと思うからなのだけど、なんというか、非日常だからね、とくに俺が普段行き来している場所にこれだけ綺麗な女はいないから、そんな女と話をするにはキャバクラに行くしかないんだよ。だから、職場の近くにこんなに豪華なキャバがあるのは奇跡というか、必然というかとても助かるね。他の部署の面々の顔もよく見るから、このキャバ店は職場ぐるみで利用していることになるね。部署によっては、その部署の女性社員まで参加してキャバに行ってるから、ほんとに職場ぐるみ、部署ぐるみのつきあいということだよ。これだったら経費で落としてくれたらいいのに、なんて思うけど、多くの人が思うほどキャバって、それほど料金は高くはないと思う。それに時間がきたら強制退去だから、時間が決められているのも逆にこっちかしても助かるからね。

[ 2016-02-18 ]

カテゴリ: キャバクラ体験談